マンションンの買い方で知りたいことは?タイミングと資金調達

マンション購入は大きな買いものなので失敗したくない

家族が増えて賃貸アパートではいよいよ手狭になってきたり、目標にしてきた頭金の金額まで貯金が貯まってきたらいよいよマンション購入のタイミングと考えるかもしれません。しかし、いざ購入の検討を始めると、現実的な物件価格を目の当たりにし、その金額の大きさから購入自体を迷い始めるというケースもあるでしょう。マンションは一生のうちでも最大に近いぐらいの買い物になるのが一般的です。そのため、購入時期を含め失敗したいくないと考えるの普通かもしれません。

マンションを購入するタイミングとは?

マンションの買い方の要素の一つに買うタイミングをどう判断するかというものがあります。実際にこの判断は意外と難しいかもしれません。会社員であれば転勤のタイミングも関係してきますし、頭金が仮に貯まったとしても肝心のお目当ての物件が見つからないというケースもあり得るでしょう。マンションは不動産ですが、不動産は、家電製品のような汎用品ではなく、一期一会、同じ物件には二度と出会えないという特徴があります。そのため、購入決断のタイミングは、いい物件を見つけた時と考えるといいのではないでしょうか。

タイミングが決まったら次は資金調達

マンションの買い方を考える上で最初の大きなポイントが購入タイミングであるとすれば、最後のポイントとなるのが資金調達でしょう。頭金はすでに自分の手元にあるはずですから、資金調達のポイントは住宅ローンをいかに組むかという点に集約できるはずです。住宅ローンは、購入しようという物件の担保価値も影響しますが、自分の収入や信用度も、審査が通るかどうかに大きく影響します。その点を頭にいれて、日頃からクレジットカードの引き落とし資金の振込み忘れ等がないよう、購入の準備をしておくといいでしょう。

新築マンションの駐車場は全ての住戸の分を確保できない場合に、抽選により使用する権利を決定することが一般的です。