トラブルを避けよう!賃貸に住むときの心得

賃貸での共同作業のときは?

賃貸で周囲の清掃など、近所みんなで協力してする共同作業も、近所づき合いのなかで欠かせない大事なことですよね。自分は忙しい、誰かがやるだろうと、自分勝手な理由で参加しない例もありますが、これはぜひやめたいですね。多少のムリをやりくりしても参加しようという心構えは持ちたいものですが、どうしても参加できない場合には、少なくとも両隣近所には、理由を説明して了解を得るようにしましょう。言わなくても分かる、という態度は誤解を生んでしまいますよ。

賃貸でペットを飼うときは?

最近は、賃貸でもペットを飼っていいことを規約にうたうところが出てきましたが、集合住宅ではペットを飼わないように望むところがまだ多いですね。ペットを飼う際は、他人に迷惑をかけないように管理には責任を持ちましょう。ベランダの軒先で小鳥やウサギを飼うこともありますが、エサとかフンが階下に落ちて、洗濯物を汚さないように気をつけましょう。さらにペットを飼っていない家では、そのニオイには案外敏感なものですから、注意が必要ですよ。

大家さんとのトラブル回避!

賃貸で一番トラブルを起こしやすいのが、借家についての料金値上げや契約更新などで、交渉するときでしょう。今は、アパートなどは、間に不動産業者が入って交渉をすることがほとんどですが、大家さんの場合、こちらの都合が悪いことを一方的に要求してきた際でも、いきなり権利を主張するのではなく、まず話し会うことですね。周囲の物件の条件なども調べて交渉してみますが、これも盆暮れのあいさつなど、日ごろからのつき合いが大事ともいえますよ。

帯広市の賃貸には、お得な物件がたくさんあります。家具付きやインターネット代込みなど、お得感満載ですから、まずはじっくり選びましょう。